過払い金返還請求について

最近、テレビコマーシャルなどで「過払い金」ってよく聞きませんか。 そもそも過払い金とは何なのでしょうか。

■過払い金とは
過払い金とは、貸金業者に支払いすぎた利息です。 利息を支払いすぎるなんてと思われるかもしれませんが、現実にあるのです。 貸金業者の中には、「グレーゾーン金利」と呼ばれる違法金利でお金を貸し付けたところもあります。 このグレーゾーン金利によって発生した利息が、過払い金なのです。

■過払い金を取り戻すには
過払い金は違法に取られた利息ですので、もちろん取り戻せます。 個人で貸金業者に過払い金返還請求をしてもいいのですが、うまくあしらわれて戻ってくる可能性はさほど高くありません。 多少の報酬を支払っても、過払い金が戻ってくる可能性の高い司法書士や弁護士に依頼をするといいでしょう。

■司法書士と弁護士の違い
では、同じ過払い金を請求するにしても、司法書士と弁護士では何が違うのでしょうか。 決定的に異なるのは裁判での扱いです。 過払い金が140万円以上になると、司法書士では取り扱うことができずに弁護士のみとなります。 また、万が一訴訟にまで発展して上級裁判所までもつれてしまった場合、司法書士では裁判に出席できません。 裁判がもつれる可能性のある場合には、最初から弁護士に依頼するといいでしょう。 一方で、司法書士は弁護士と比べて報酬が安いケースが多く、柔軟に迅速に対処してくれる傾向にあります。 自分の過払い金の金額などを勘案して、どちらに依頼するかを検討しましょう。

メニュー